職場の嫌いな人、苦手な人との関係改善方法

職場にいる嫌いな人や苦手な人との人間関係を改善したいときは、相手と話をしよう。話すことで、かなりの確率で関係は改善する。

関係が悪化するのは話をしないからで、話をしない状態で関係が改善することはほぼ無い。関係を改善させたいと思うのなら、自分から行動をしよう。

まず最初にすることは、自分の中に作ったカベを無くすことだ。そのカベがあるかぎり、自然な会話をすることはできない。

カベを無くしたら、他の人と同じように挨拶をしよう。こころの中のカベが無いだけで、相手はいつもと違うことに気づく。すぐに気づかなくても、そのうち気づく。

挨拶の次は、世間話や仕事の話をしよう。ムリにする必要はない。相手と話ができるタイミングのときに、なんてことない話をしてみよう。1回だけじゃ効果は少ないから、何度も話をふってみよう。

どんな話をしたらいいのかわからないときは、仕事関係の話をしたらいい。他の従業員のことや、会社のこと、社長のこと、仕事内容のこと。話すことはいくらでもある。話すことが目的なので、話の内容はどうでもいい。

会話ができるようになったら、思っていたことを話してみよう。世間話などをしているときに、サラっと話すのがいいと思う。思っていたことを話して、そのことの話をすると改善へと向かう。

相手の考えなどを知って納得することもある。お互いに誤解していたということも多い。話をしないとなにもわからない。だから、話をしよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。