速いだけでつまらない国産スーパーカー

国産のスーパーカーは、速くて高性能で高品質。しかし、買いたいと思わない。乗ってみて思うことは、はえー、すげー、音でけー、それだけだ。

気持ちいい、しびれる、たまんない、感動、こういうものが無いのだ。すこし前や昔の国産スポーツカーの中には、それがある車があった。また乗りたいと思わせる何かがあった。

国産スーパーカーの見た目は、低くて速そうでカッコイイ。しかし、買いたいと思わない。なぜなら、色気や緊張感というものが無いからだ。海外メーカーのスーパーカーにはそれがある。

海外メーカーのスーパーカーはカッコイイだけでなく、魅力的だ。欲しいと思わせる車作りをしている。

残念なことに、日本のメーカーは魅力的なスーパーカーを作ることができない。その理由は、スーパーカーの開発、製造、販売の経験が浅いからだ。

海外のメーカーは何十年も前からスーパーカーだけを作り販売している。この経験の差は大きい。

日本のメーカーはイメージ戦略も、うまくできていない。大衆車のイメージが強いメーカー名でスーパーカーを売るのはベストだとは思えない。やるなら、メーカー内の別ブランドとかハンパなことをするのではなく、別の名前の会社を作って売るべきだ。

スーパーカー専門の子会社を作ることで、ブランドイメージを作ることができるし、専門の人材も育つ。規模の小さな組織にすることで、とんがったものを作ることができる。

日本のメーカーがそういうことをやらないということは、そこまで本気ではないということだ。象徴的な1台があれば、それでいいと考えているのだろう。

海外メーカーのスーパーカーよりも魅力的な車を作ろうとしていないのだから、魅力的な車ができることはない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。