殺人鼻毛

あなたのおじいさんが亡くなった原因は、鼻毛です。医者が言ったその言葉に耳を疑った。

鼻毛?どういうことですか?と聞くと医者はこう答えた「伸びた鼻毛が肺に入り、鼻毛をつたわって異物が肺に入ったようです」

驚きを隠せぬまま医者の説明を聞き続けた。そして、すべてを理解した。

驚くことに、じいちゃんの鼻毛は成長を続けて伸び続けた。しかも1本だけ。その鼻毛は、鼻の穴の外に出るほうではなく、のどのほうに伸びていった。

伸び続けた鼻毛は肺に入り、その鼻毛をつたわって、食べ物のカスや飲み物などの水分が肺の中に入った。そして、肺の中で炎症がおきたのだ。

医者が肺を調べてみると、肺の半分くらいを異物が埋め尽くしていたらしい。そして、体内から取り出された鼻毛の長さは2メートルくらいあったらしい。

その話を聞いているときに、世界で1番長い鼻毛だと思うからギネスに申請しようと言おうとしたが、そういうことを言う雰囲気ではなかったのでやめた。

医者が言うには、肺炎と風邪の症状はよく似ていて、肺炎だと気づかない人が多いらしい。

じいちゃんも体の調子が悪い理由を、風邪だ風邪だと言い続けていた。おかしいと思った家族が無理やり病院につれていって、肺炎だとわかって、そのまま入院して、そして亡くなった。

もっとはやく病院にいっていれば、鼻毛に殺されるなんてことはなかったのかもしれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。