スマホを見つめる人間の集団がおもしろい

いつもスマホを見ている。バスや電車の中でもみんなスマホを見ている。誰かと話をしているときもスマホを見ている。眠る瞬間までスマホを見ている。朝おきてすぐスマホを見ている。

なんのために見ているのだろう。たぶん、ほとんどの人がヒマだから見ている。時間をつぶすために見ている。

天気の確認やニュースの確認、バスや電車の時刻の確認、知り合いからの連絡の確認、仕事の連絡の確認、そういうことのためにスマホを見ている人もいる。

だけど、それスマホじゃなくてもできるよね。

みんながスマホもっているからって自分もスマホをもつ必要はない。みんながやっているからって自分もやる必要はない。なんでも同じになる必要はない。

スマホは便利だけど、いいことばかりではない。スマホをずっと見ていると目が悪くなるからメガネやコンタクトを利用しないといけなくなる。頭を前に倒すから猫背になる。姿勢が悪くなるから見た目が悪くなる。首や肩がこって体調も悪くなる。

スマホは便利だけど、すぐググるから考えるチカラ、想像するチカラが無くなる。すぐググるからリアルの会話が続かなくなる。

すぐググるから、知らないのに知った気になる。やったことないのにやった気になる。行ったことないのに行った気になる。どんどん本当のことがわからない人間になっていく。

スマホは便利で、人とのコミュニケーションが簡単にできる。だけどもそれはストレスの原因になる。人間と人間には色んな意味で一定の距離が必要。

こういう便利の反対側にある人への悪影響を知ったうえでスマホを使えば、スマホと良い付き合いができると思うが、そのまえに、スマホは絶対に必要なものではないので、スマホが無くても普通に生活はできる。スマホでやっていることはスマホが無くてもできる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。