公務員は最低時給で働け

デスクワークしかやらない事務系の公務員の給与は時給計算にして、時給は最低時給にする。そうすれば日本は少し良くなる。

政治家や公務員は自分たちのことになると必死にがんばるので、最低時給になって給与が少なくなったら、すぐに時給を上げようとする。そうすると最低時給が上がるので、一般庶民の給与が増える。

給与が増えると物価もあがるので、デフレから抜け出すキッカケとなる。

最低時給にすれば生活水準が一般的な庶民と同じになるので、庶民の気持ちがわかるようになる。そうなると行政サービスの質があがる。そして生活水準をあげようと努力をするようになる。

もし公務員が、そんな生活水準の暮らしはイヤだと言ったら、その生活水準で暮らしている人たちは怒り狂うだろう。

役所は潰れないから無くならない。だから最後まで安心して働くことができる。それだけで十分すぎるほどめぐまれているのに、税金を払っている一般庶民よりも高い給与をもらっている公務員。

お金を稼ぎたいなら民間企業で働いてくれ。公務員にならないでほしい。給与が少なくても国や地元のために働きたいという人が公務員になるべきだ。

給与が少なくなると優秀な人材がいなくなるというやつがいるが、お役所仕事にカリスマは必要ないから優秀な人がいなくても問題はない。数年で人が入れ替わって、だれが来ても回るようになっている。

そもそも、能力がある人や優秀な人、こころざしのある人は公務員をやめるから優秀な人はもともと少ない。残っているのは高学歴の頭の悪いバカばかり。

優秀な人材が必要なときは民間から来てもらったらいい。アイデアが必要なら民間から買ったらいい。そうすれば余計なお金を使わずにすむし、民間にお金が落ちる。いまでもコンサル会社や金融系の会社などからアイデアを買っているが、もっともっと民間を活用したほうがいい。

そうやってどんどん組織をコンパクトにしていかないと、これからの時代に合わなくなって、不要な存在になる可能性がある。だからまずは、給与をコンパクトにしよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。