好きになってもらいたいなら嫌われる原因をなくそう

相手が自分のことを嫌いだったら、好きになってもらうのはむずかしい。だから、好きになってもらうためには、まず、嫌われる原因をなくすことをしなければいけない。

嫌われる原因といえば、臭い、汚れ、気持ち悪さ、が代表的なものだ。臭いというのは口臭や体臭、洋服などについた臭いのことだ。汚れというのは、髪の毛の汚れ、歯の汚れ、爪の汚れ、洋服の汚れなどのことだ。

気持ち悪さというのは、気持ち悪い動きや、気持ち悪いしぐさのことだ。

その他に、言葉も嫌われる原因になる。だれかの文句、否定的な意見、気持ち悪い発言、こういう言葉だ。

これらの嫌われる原因は、無意識に実行してしまっていることが多く、自分では気づきにくい。だから、なくすと意識をしなければ、なくすことができない。

嫌われる原因を知り、それを自分がやっていないか考え、確認する。そうやって意識をするだけで気づくことができる。気づけば、なくすことができる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。